多くの日本語教師求人情報で求められている資格と対策

日本語教師の求人情報では

  • 420時間の養成講座を修了していること
  • 日本語教育能力検定試験を合格していること
  • 大学・大学院を出ていること

などが求められることがあります。

それぞれ特徴があるので、自分にあったやり方を選ぶ必要があります。

★ 420時間養成講座を修了する

420時間の日本語教師としての教育課程を経ているかどうかを問う求人情報はたくさんあります。日本語教師になるための講座を修了することで応募資格を得ることができます。

日本語教師としてのキャリアを積むためにも、420時間の教育課程は受けておくことをおすすめします。就職活動などを有利に進めることができるでしょう。

また、就職をサポートしてくれるスクールもあります。そのようなスクールで講座を受講すれば基礎的なスキルを身につけた後、スムーズにキャリアをスタートさせることができます。

★ 日本語教育能力検定試験を合格する

公的な資格ではありませんが、日本語教師としての基礎的な知識を身につけている証拠になるので、日本語教育能力検定で資格を取っておくこともおすすめします。

受験資格に学歴や年齢の制限はないため、誰でも受験することができます。やろうと思えば独学でも対策ができるほか、通信教材も多くあるので、上記の420時間の講座を受けるよりも手軽に始められます。

★ 大学や大学院を卒業する

大学や大学院で学ぶこともできます。主・副専攻をして卒業すれば、大学・大学院で日本語教師として働くこともできるかもしれません。

時間とお金がかかるのがデメリットではあります。しかし、生涯日本語教師として働いきたい人や、キャリアアップしたい人の多くが大学や大学院でスキルを身につけています。

どの求人情報も記載されている応募資格はだいたい似通っています。日本語教師としてのキャリアをスタートさせたいのであれば、自分にあったやり方でそれらの資格を満たす努力をしましょう。

関連する記事