独学で日本語教師としてのスキルを身につける方法

実際に教えるためのスキルを独学で身につけるには、相当な努力が必要です。書店で販売されている書籍を読んだり、市販のDVD教材で実際にプロが教えている風景を見るようにしましょう。外国人の友達を作ってコミュニケーションをとるのも一つの方法です。

★ 市販の教材を使う

独学の王道であるのが、書店などで販売されている書籍を利用して勉強する方法です。毎年日本語教師に関する書籍はたくさん出版されています。自分に合ったものを見つけて勉強するようにしましょう。

書店で購入し、選べるという面でも、値段の面でも手軽に勉強できることから、始めやすい方法と言えます。

著者の中には偏った考え方の人もいます。実践で使える内容なのか、自分に合っているかどうかなどを調べてから選ぶようにすることをおすすめします。

★ DVDなどを見る

日本語教師としての実践力を養うためにDVDなども見ておいたほうがいいでしょう。実際にプロの教師が教えている動画を見ることで、自分が教えるときのイメージがわきます。

上記のような書籍についているDVDでもいいですし、専用の教材もあります。独学で日本語教師を目指すのであれば、ぜひ見てみてください。

★ 知り合いの外国人とコミュニケーションをとる

日本語を知らない人に日本語を教えるには、それなりのテクニックが必要です。外国人の友達を作り、実際に日本語を教えてみてください。なかなか思うように伝わらないということがすぐに分かると思います。

積極的に外国の人とコミュニケーションをとり、伝えるコツを身につけるようにしましょう。

独学でもスキルを身につけることが不可能というわけではありません。市販の教材などを使って学ぶことは可能です。また身の回りで協力してくれる人を見つけるようにしましょう。

関連する記事